女性の片頭痛はエストロゲンに影響される?

女性の片頭痛はエストロゲンに影響される?

女性で片頭痛に悩まされている人の中には生理前や生理中、生理後などに片頭痛が起こる人も多いです。

そういった人はエストロゲンというホルモン量の変動が原因だとされています。
片頭痛とエストロゲンはどのような関係があるのでしょうか?

エストロゲンの役割

エストロゲンには子宮内膜を暑くしたり、卵胞の成熟をうながしたりなど女性が妊娠するためには必要不可欠なホルモンの一種です。

片頭痛と関係があるのはエストロゲンの血管収縮を抑制するという効果であるといわれています。

血管を収縮を抑制するのですから、増加しすぎてしまいますと血管を収縮しすぎてしまう。

反対にエストロゲンが体の中からなくなっていくと血管の収縮を抑制できなくなる=血管が拡張してしまうという問題が起きてしまいます。

血管が過度に収縮拡張してしまいますと、それが頭痛に繋がりますのでエストロゲンと頭痛は深い関係にあるということです。

女性のエストロゲンの変化

女性のエストロゲンは排卵前に急激に増加して、その後急激に減少します。
その後はあまり変わらずに生理前になるとまた急激に減少します。生理後は徐々に上がっていき、また排卵前に急激に増加してしまいます。

片頭痛は急激に増加する排卵前、急激に減少する生理前に起きやすいのです。
そのため、毎月排卵前と生理前に頭痛が起きてしまうという人はエストロゲンによるものだという可能性が非常に高いといえます。

特に生理前に起きる頭痛を訴える人が多く、生理2日前から始まって、生理後3日で収まるという人がたくさんいます。

エストロゲンの片頭痛対策方法

エストロゲンは頭痛を引きおこす原因となりますが、女性にとっては非常に重要なホルモンですので、エストロゲンを減少させたり、増加させたりすることは必要なことだといえます。

そのため、実際の対策方法としては痛みに対する薬物療法などになりますが、最近では生理周期や痛みの周期に合して適切に薬物(痛み止め)などを服用することによって、薬の量は最小限に減らすことができますので、ぜひ病院にいって医師と一緒に対策を考えてもらいましょう。

また、ピルなどを服用している場合には注意が必要です。

ピルにはエストロゲンが配合されていますので、エストロゲンが増加する排卵前には服用できないなどの制約があります。
これを無視して飲んでしまいますと頭痛もそうですが、他のリスクも考えられますので注意が必要です。

生理 頭痛体験談もよろしければ見てみてください。
私の頭痛対策方法を記録したブログです。