片頭痛を誘因する食べ物

片頭痛を誘因する食べ物

片頭痛に悩んでいる人や、片頭痛になりたくないと考えている人であれば、ぜひ食べ物を見直しましょう。
食べ物を改善することは大変なことですが、効果が非常に高いといわれています。

血管を拡張、収縮させる作用のあるものは辞めておく

片頭痛の原因は血管の拡張や収縮による痛みです。

そのため、できるだけそういったことを誘発させやすい食べ物は辞めておいた方が良いです。
傾向としては嗜好品などにそういったことを誘発させるものが入っていることが多いですので、できるだけ避けておくと良いですね。

血管を拡張させる食べ物

血管を拡張させるものとして代表的な食べ物としては、アルコールです。

アルコールは血管を拡張させる作用があり、顔が赤くなるのはこの作用によるものです。
特にアルコールの中でも注意が必要なものとして、赤ワインです。

赤ワインに含まれているヒスタミンやポリフェノールは血管を拡張させる作用がありますので、あまり頻繁に飲んでいる人は注意が必要です。

また、ワインはアルコール度数が高いので、それだけでも悪影響であるといえます。

ベーコンやハム、ソーセージなどに含まれている亜硝酸化合物に関しても血管を拡張させる作用がありますし、最近よく使用されている甘味料であるアステルパームもどうようの効果があります。

特にアステルパームは含まれている食品が非常に多いので、成分表を確認しながら購入すると良いでしょう。

血管を収縮させる食べ物

血管を収縮させる食べ物としては、チョコレートなどに含まれているポリフェノールやチラミンです。

チーズや柑橘系の果物にも含まれています。

また、スナック菓子やインスタントラーメンなどに含まれているうまみ調味料でもある、グルタミン酸ナトリウムなどにも注意が必要です。

また、血管を収縮させる代表的なものとしてはカフェフィンがあります。

カフェインはコーヒーなどに含まれている者であり、紅茶や緑茶などにも含まれているものです。

カフェインは常用性があり、気が付いたら毎日飲むようになった、頻繁に飲むようになったという人も多いですので飲みすぎには注意が必要です。

また、食べ物以外ではタバコは血管を収縮させる効果があり、たばことコーヒーが好きな人はそれだけで非常に血管に負担を与えてしまいますので、痛みが出ることがあります。

カフェインの怖いところは、カフェインを摂取した時に痛みが出るのではなく、カフェインが切れたときに痛みが出るということです。