隠れ片頭痛?その頭痛、もしかしたら片頭痛かも!?

隠れ片頭痛?その頭痛、もしかしたら片頭痛かも!?

頭痛の一つとして片頭痛と呼ばれる病気がありますが、片頭痛の中には隠れ片頭痛というものもあります。

隠れ片頭痛とは?その特徴などはどのようなものがあるのでしょうか?

頭の痛みが無いのが隠れ片頭痛

隠れ片頭痛の特徴としては、はっきりとした痛みがないということです。

主な症状としては、頭が痛くないが重く感じていたり、首の後ろの肩こりが酷いなどといった症状があります。

これは常に同じ姿勢で過ごしていたり、慢性的なストレスが原因となっていることがありますので、事務職をしている人などはそれに陥りやすいので注意しましょう。

生理痛の頭痛だと思っているその痛み、片頭痛かも?

生理前や生理中、生理後。または排卵日前後の頭痛になやまされる女性は多いもの。
PMSや生理痛だと片付けていませんか?

片頭痛の原因としてエストロゲン(女性ホルモン)が多く関連しています。
いちど当てはまらないかチェックして適切な改善方法を模索し、PMSの症状を軽減しましょう。

隠れ片頭痛を放っておくとどうなるのか

隠れ片頭痛をそのままにして、放っておきますと首や肩の凝り、頭の痛みなどが全て頭痛となって襲ってきます。

現に、隠れ片頭痛を長年持っていた人の方が、頭の痛みが出てきたときに頭痛が激しいという方が非常に多いのです。

また、片頭痛は通常頭の片側が痛くなる病気ですが、この場合は痛みが後頭部に出てきたり、痛みが頭全体にいったりすることがありますので、隠れ片頭痛からくるものは通常の片頭痛よりも痛みの具合、範囲が特殊だといえます。

肩こりや首の痛みがあるからといって、マッサージなどをすることは非常に危険だといわれています。

片頭痛の原因は主に血管の拡張、収縮行為だといわれていますので、マッサージをすると血行が良くなってしまって、さらに痛みが増加する可能性がありますし、痛みのある片頭痛になる可能性があります。

隠れ片頭痛を治すためには

隠れ片頭痛を治すためには、まず病院に行って診察をしてもらうようにしましょう。
ただの首のコリ、肩の凝り、頭の重さだけかもしれませんし、隠れ片頭痛ではない可能性も考えられます。

もし隠れ片頭痛だといわれた場合は、適切な処置をすることによって痛みが増加することを予防して、片頭痛にならないように対策をしてくれます。

マッサージでもそうですが、隠れ片頭痛で怖いのはセルフケアをすることによって症状が悪化したり、痛みが増加してしまうということです。
自分の判断ですれば様々なリスクがありますので、できるだけ医師に相談しながら対処することが必要になってきます。

また、最近では増えてきている患者に対して頭痛外来というものもできていきていますので、専門的なところにいった方が診察も的確ですし、治療方法も専門的です。